労災保険 労災保険給付請求 労災保険料の申告納付 ご相談・各種手続きは一人親方労災の専門家、 厚生労働省認可 北大阪建設組合へ

厚生労働省認可 北大阪建設組合 北大阪建設組合は、会員制度で運営される一人親方様の意見を尊重する
厚生労働大臣、大阪府知事の認可団体です。
HOME│■個人情報保護方針│■サイトマップ│■組合の概要
■いつも安心「あなた」の労災 ■お手間をとらせず、すぐ加入!
HOME 加入メリット 特別加入していてよかった! 建設会社のご担当者様へ 申し込み

一人親方の労災特別加入
一人親方労災特別加入とは?
加入できる一人親方の条件
特別加入ができる地域
一人親方労災の対象となる災害
万が一のときに受けられる
  保険給付の内容
特別加入していてよかった!
加入していてよかった!!事例1
加入していてよかった!!事例2

たくさんの方に当組合を選んで頂ける理由
北大阪建設組合のメリット
保険料と会費
給付基礎日額について
年間保険料の計算方法
会費について
お支払い方法について

ラクラクかんたん加入お申込み
ご加入の手順
資料請求

よくあるご質問Q&A
建設会社のご担当者様へ
北大阪建設組合の概要
事業概要
アクセス
お問合せ先

TEL:06-6838-1711
FAX:06-6838-1789
MAIL:info@hitori-oyakata.jp


取りまとめ先のご担当者様へ

 

一人親方労災特別加入について

一人親方労災特別加入とは?矢印
加入できる一人親方の条件矢印
特別加入ができる地域矢印
一人親方労災の対象となる災害矢印
万が一のときに受けられる保険給付の内容矢印


一人親方労災特別加入とは?

労災保険とは、本来、労働者が仕事や通勤が原因で負傷(病気)した場合に、国が治療費などの必要な保険給付を行う制度です。この制度は「労働者」のためのものですので、事業主や一人で事業を行っている自営業者等(「一人親方」含む)は原則として労災保険を受けることができません。
しかし、一人親方の皆さまの中には、事業主の立場であると同時に労働者と同じような現場仕事を行う方も多いのが実情です。そこで、このような実情にある一人親方を労働者と同じように保護するために、労災保険特別に任意加入できる制度が設けられています。

pagetop


加入できる一人親方の条件大工、左官、鳶など建設の事業を行う人で、常態として労働者を使用していないことが条件です。

こんな場合は特別加入できるのですか?

q
基本的に人は雇わないが、たまに手伝ってもらう時があります。特別加入できますか?
a 常態として労働者を使用していないことが条件ですから、例え労働者を使用していたとしても、1年間に100日に満たない場合には一人親方労災特別加入することができます。

q
親族や兄弟だけで建設業を行っています。特別加入できますか?
a
親子など親族だけで建設業を行っている場合、グループなど共同で工事を請負う場合、兄弟のように対等な関係で事業を共に行っている場合にも、就業形態によってはそれぞれを一人親方とみなして特別加入することができます。

少しでもご不明点があれば、わかりやすく丁寧にご相談を承ります。
TEL: 06-6838-1711

ご注意 特別加入を希望する一人親方で、次表の業務と期間に該当する場合は、特別加入時に健康診断を受ける必要があります。
※診断結果によっては特別加入が認められない場合があります。

業務の種類
特別加入以前に左記の
業務に従事した期間
実施すべき健康診断
粉じん作業を行う業務
3年
じん肺健康診断
振動工具使用の業務
1年
振動障害健康診断
鉛業務
6ヶ月
鉛中毒健康診断
有機溶剤業務
6ヶ月
有機溶剤中毒健康診断

pagetop


特別加入ができる地域

北大阪建設組合で一人親方労災特別加入するためには、下記の地域に事業所(ご自宅)があることが必要です。
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、三重県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県

pagetop


一人親方労災の対象となる災害

一人親方労災の対象となる災害には、次の2種類があります。

●業務災害

いわゆる仕事中に起こった災害のことです。ただし仕事中であれば全てが対象となるのではなく、次に該当する業務をおこなっている場合(業務遂行性)に限られています。また、災害がその業務によって生じたものであること(業務起因性)が必要となります。


仕事中だと認められるもの
契約に直接必要な行為を行う場合
請負工事現場における作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
請負契約に基づくものであることが明らかな作業を自家内作業場において行う場合
請負工事に係る機械及び製品を運搬する作業
  【手工具類(鋸、鉤刷毛、こて等)程度のものを携帯して通勤する場合を除く】及び
  これに附帯する行為を行う場合
突発事故(台風、火災)等による予定外の緊急の出勤途上

具体的な例示はこちらを参考にして下さい。(:適用可×:適用難)
工事現場での作業中
建設機材置き場で機材を積込み、現場まで運搬する作業
現場より引き取ってきた機材を機材置き場へ運び荷降しする作業
工事の打合せ、現場の下見等請負契約に付随する業務
業務が原因となった疾病(熱中症、災害性の腰痛症等)
×請負契約に基づかない自宅の新築、改造工事中
×慰安会、スポーツ大会などレクリエーションに参加中の災害
×休憩時間中の災害(但し、現場内で休憩中に上から物が落ちてきた場合などは労災対象)
×作業中に私用を行っていたときの災害
  (作業を中断し、私用目的で銀行に行ったとき、知人と会っているときなどに遭った災害)
×持病となっている腰痛症等の疾病
×故意または重大過失(仕事中の飲酒が原因で起きた災害など)による災害


●通勤災害

いわゆる通勤途上に起こった事故等のことです。通勤とは「就業に関し、住居と就業の場所との間を、合理的な経路及び方法により往復すること」とされていますが、建設関係の場合、自宅から現場への直行・直帰を繰り返しているときは、現場の通勤災害となります。
一人親方特別加入の場合、「自宅から機材置き場へ行き、機材置き場から現場へと向かうケース」では、自宅から機材置き場の途上での事故は通勤災害、機材置き場から現場へ向かう途上での事故は業務災害となります。


ご注意例え建設業の現場労災で特別加入をしていたとしても、建設現場の業務で特別加入していた人が他の業務(営業、事務的な業務等)で負傷した場合、あるいは経営者的な業務(銀行との融資の相談、得意先との懇親会等)を行っていた際に被災された場合は、労災保険の対象になりません。


pagetop


万が一のときに受けられる保険給付の内容

一人親方労災における保険給付及び特別支給金の種類については一般の労働者とほぼ同様ですが、任意に選択する給付基礎日額に応じて給付額が決定されます。

特別加入者の労災保険の給付【給付基礎日額:10,000円で加入した場合の例】
種類 名称 支給内容
治療費 療養(補償)給付 「療養の給付」は労災指定病院では傷病が治るまで原則として全額無料で治療を受けられます。
また労災指定病院以外では、一旦病院に立替払い頂き、その後に監督署に費用請求する事で原則として全額返金される事になります。
休業の補償 休業(補償)給付
休業特別支給金
休業補償として休業4日目以降1日当り休業補償費6,000円(給付基礎日額の60%)特別支給金2,000円(給付基礎日額の20%)合計8,000円が労務不能期間について受けられます。
障害の補償

障害(補償)給付
障害特別支給金

障害補償として障害の程度により(第1級)給付基礎日額の313日分の年金313万円から(第14級)56日分の一時金56万円が支給されます。
また、特別支給金として(第1級)342万円〜(第14級)8万円が一時金にて支給されます。
遺族の補償 遺族(補償)給付
遺族特別支給金
遺族補償として給付基礎日額の153日分(遺族1名)153万円から245日分(遺族5名以上)245万円が遺族に年金として支給されます。
また、給付基礎日額にかかわらず特別支給金として300万円が一時金にて支給されます。
葬祭 葬祭料(葬祭給付)

葬祭を行う者(通常は遺族)に対し615,000円が支給されます。

各保険給付の種類と詳細内容についてはこちらをご覧下さい。

pagetop

HOME│■個人情報保護方針│■サイトマップ│■組合の概要