労災保険 労災保険給付請求 労災保険料の申告納付 ご相談・各種手続きは一人親方労災の専門家、 厚生労働省認可 北大阪建設組合へ

厚生労働省認可 北大阪建設組合 北大阪建設組合は、会員制度で運営される一人親方様の意見を尊重する
厚生労働大臣、大阪府知事の認可団体です。
HOME│■個人情報保護方針│■サイトマップ│■組合の概要
■いつも安心「あなた」の労災 ■お手間をとらせず、すぐ加入!
HOME 加入メリット 特別加入していてよかった! 建設会社のご担当者様へ 申し込み

一人親方の労災特別加入
一人親方労災特別加入とは?
加入できる一人親方の条件
特別加入ができる地域
一人親方労災の対象となる災害
万が一のときに受けられる
  保険給付の内容
特別加入していてよかった!
加入していてよかった!!事例1
加入していてよかった!!事例2

たくさんの方に当組合を選んで頂ける理由
北大阪建設組合のメリット
保険料と会費
給付基礎日額について
年間保険料の計算方法
会費について
お支払い方法について

ラクラクかんたん加入お申込み
ご加入の手順
資料請求

よくあるご質問Q&A
建設会社のご担当者様へ
北大阪建設組合の概要
事業概要
アクセス
お問合せ先

TEL:06-6838-1711
FAX:06-6838-1789
MAIL:info@hitori-oyakata.jp


取りまとめ先のご担当者様へ

 

保険料と会費

給付基礎日額について矢印
年間保険料の計算方法矢印
会費について矢印
お支払い方法について矢印

給付基礎日額について

一人親方労災へご加入の際は、まず最初にご本人に合った“給付基礎日額”をお選びいただく必要があります。給付基礎日額は、一人親方労災の給付額を算定するための基礎となるものであり、3,500円〜20,000円の範囲となります。また、給付基礎日額に365日を乗じたものを保険料算定基礎額といい、算定基礎額保険料率を掛けて年間保険料を算出します。


<教えて!他の加入者はどうやって給付基礎日額を決めているの?>
「民間の医療・生命保険を手厚く掛けているが、元請から一人親方労災へ加入するように言われた」ようなタイプの方で、万が一の生活保障を民間保険でまかなう予定であれば、労災保険料を安く抑えるために、低額の給付基礎日額を選択されるケースが多いようです。 また、「いざというときには安心できる国の労災をあてにしたい」というようなタイプの方であれば、長期休業時にも現在の生活費をある程度カバーできる位の給付基礎日額を選択されます。
※上記はあくまでもご参考情報です。ご加入時にはご自身に合った日額をお選び下さい。

pagetop


年間保険料の計算方法

任意でお選びいただく給付基礎日額に比例して、次の計算により年間保険料が決まります。
給付基礎日額〔      〕円×365×19/1000
(例)給付基礎日額5,000円を選択した場合
5,000円×365×19/1000=(年間)34,675円
ひと月あたり 約
2,900円
年度(4月〜翌3月)途中のご加入時は、月割りした保険料となります。年間保険料および月割り保険料のご確認は『一人親方労災保険料一覧表』をご利用下さい。
ご注意
一人親方労災の保険料率は現在19/1000です。今後は保険料率見直しによって改訂される場合があります。

pagetop


会費について

北大阪建設組合は、ご加入者の皆さまの会費にて運営されています。労災保険料とは別に次の会費を頂きます。
月会費 2,000円
入会金 5,000円(入会の際に1回のみ)

たくさんの方に当組合を選んで頂ける理由(ワケ)を知りたい方はこちらpagetop

お支払方法について

労災保険料と会費のお支払いは、『 一括払い』か『分割払い』をお選びいただけます。
ご注意
10月〜翌年3月にご加入された方は初年度のみ一括払いになります。
一括払いでも保険料の割引等はございません。お支払い方法は、『振込み』が『口座引落し』をお選びいただけます。ご注意
初回時のみお振込とさせていただきます。
加入途中での変更もできます。

pagetop


HOME│■個人情報保護方針│■サイトマップ│■組合の概要